三ヶ日みかん 三ヶ日みかんの美味しさの理由

日照量の多さ

浜松市は日本でもトップクラスの日照量を誇ります。
この太陽の日差しがミカンを甘くしてくれます。
甘さである糖は、葉が「光合成」によって作ります。
豊富な日照量の恩恵を最大限するため、町内では日当たりの良い南側斜面にミカン園が広がっています。

日照量の多さ

ミカンの土壌

三ヶ日の土がミカンへコクを与えています。
三ヶ日の土はやせ地で礫も多い反面、水はけが良く、味を濃厚にすることができます。
土質は、赤石山脈の裾、秩父古生層からなる赤土でミネラルを含んでいます。
こうした土質を活かすことで、三ヶ日みかんに独特のコクが生まれています。

ミカンの土壌

人の力

昭和35年に有志が結成した、三ヶ日町柑橘出荷組合が産地の力になっています。
厳格なルールを申し合わせながら、ミカンの生産を行っています。
店頭試食販売や、選果場のお役など。三ヶ日みかんの品種は、おおむね早生と青島の2品種に絞っており際立った選択と集中がされています。

人の力