JAみっかびについて JAみっかび概要

あいさつ

代表理事組合長 後藤 善一

農業を主軸に地域を豊かに

今までもこれからも、農協の一番の使命は「農業振興」です。
しかし市町村の合併により、行政サービスが薄まる中、その地域を豊かにすることも農協の役割だと考えています。いかにして、地域の暮らしを豊かにするか。まず、家族が世帯を営むには仕事が必要です。それには、地域の産業が鍵です。私たちの住む三ヶ日町において、農業は大切な産業です。
持論ですが、「仕事は人の幸せのためにある」と考えています。お客さんや社会を幸せにした対価で豊かになる、そんな仕事のある地域づくりができれば理想です。
平成29年度より第十四次3か年計画スタートしました。
そのテーマは「ともに拓こう、協同が輝く時代」。
引き続き3つのことを取り組みながら、組合員の皆さまと地域ともにまい進してまいります。

1人を活かす
まず第一として私たちが活かすべき一番の経営資源は「ヒト」ということです。職員教育のスローガンとして「私たちは、熱き思い、豊かな知識、すぐれた技術により、地域に貢献します」を掲げ、農業・組合員・組織の期待に応えられる人材育成を進めてまいります。
2農業振興こそが使命
第二に、私たちは「農業」という原点に立ち返るということです。農協法の通り、私たちの使命は農業振興と農業所得の向上です。そのために「営農販売体制」の強化が必要であると考えています。
三ヶ日町が誇る農畜産物をより高価格で販売するために、競争力と成長力をもった農業を目指す「成長する農業ビジョン」を打ちたてます。生産力の向上と併せて、販売力の強化、農業所得の向上を目指す組織・事業改革を推進してまいります。
3地域へ貢献すべし
第三として、私たちは地域へ貢献するという事です。地域の抱える問題である人口減少、高齢化、担い手問題、行政サービスの低下などに対して協同組合の「相互扶助」の理念で取り組む「農業で地域を豊かにする農協」を目指します。この地域に根差し、「ここで暮らしたい」と思ってもらえる、明るい希望が持てる地域づくりをしたいと思います。
10年後のビジョンに向けて
10年後の将来像に掲げるとおり、「農業を主軸とした地域協同組合」であるという柱からブレることなく、今後もJA理念に基づいた事業を機動的に推進してまいります。

組織の概要

名称
三ヶ日町農業協同組合(JAみっかび)
住所
〒431-1497
静岡県浜松市北区三ヶ日町三ヶ日885番地
電話 053-525-1011
FAX 053-525-0822
設立
昭和36年3月
常勤役員
代表理事組合長
後藤善一
代表理事専務
井口義朗
常勤監事
森下常則
役員数
理事
13名
監事
3名
合計
16名
組合員数
正組合員
1635人
准組合員
1085人
合計
2720人 (平成30年4月1日現在)
職員
125人(平成30年4月1日現在)
自己資本
86億2785万円 (平成30年3月31日現在) 
事務所
本所、都筑支所
関連会社
三農サービス㈱
管内の概況
7190人
7351人
合計
14541人 (平成30年4月1日現在)
世帯数
5197戸

組織図

  • 組織と構造
  • 構内案内図