News&Topics

ニュース

8/4一日限りの三ヶ日みかんカキ氷

マルエム青年部が人気ウナギ店前でPR

マルエム青年部が人気ウナギ店「うなぎの千草」の前で、一日限りの三ヶ日みかんカキ氷の屋台を開き、三ヶ日みかんをPRしました。

(写真=三ヶ日みかんカキ氷をPRする部員)

 マルエム青年部はミカちゃんマークの三ヶ日みかんが目印の、三ヶ日町柑橘出荷組合の若手で組織しており、40歳未満のメンバーがPRや市場調査など活動をしています。

三ヶ日みかんのカキ氷のレシピ試作

この日に向け同青年部のPJチームがレシピを試作。三ヶ日町農協のオリジナル商品「三ヶ日みかんデザートシロップ」「三ヶ日みかんデーザトみかん」などを使い、ミカンあふれる風味に仕上げました。

(写真=カキ氷に使用した三ヶ日みかんのオリジナル商品、みかんを贅沢に使用)

(写真=フレッシュな果汁で仕上げる)

三ヶ日みかんの味がしっかり

部員はウナギ目当ての来店客にミカちゃん団扇などを配り、かき氷を案内。ウナギの食後に立ち寄る姿が目立ちました。豊橋からきた4人組は「ミカンの味がして驚くほどおいしい。夏、人が集まるところならきっと売れると思う」と太鼓判を押していました。

PJリーダーの藤原晋也さんは「特に町外の方が集まる場所で、PRができてよかった」と話していました。

(写真=三ヶ日みかんカキ氷は一日限定、常時は販売してない)

一覧へ