News&Topics

ニュース

11/18-22 園児へ配布、三ヶ日みかんの味

 農青連ファーマーズクラブが、町内の幼稚園や保育園など7か所へ自分達の畑で収穫した三ヶ日みかん合計300㎏を配布しました。ミカンは園児のために選んだ、食べやすい小ぶりの早生品種。

 22日、三松幼稚園には4人の部員が訪問。ミカンについてのクイズを出したり、質問に答えたりして園児と交流しました。ミカンを口にした園児は「おいしい!」と喜んでいました。ミカン農家の河合泰裕さんは「一生懸命作ったミカン。家族の方にも味を知ってもらえればうれしい」と話していました。

地元の特産の味を園児とその家族へ

この配布活動は、地元の特産品を園児やその家族に知ってもらおうと平成18年から続いています。近年は配布のお礼に、園児が三ヶ日みかんのダンスを披露したり、園児や保護者からのお礼のお手紙を届けてくれます。メンバーの園地に、偶然手紙付きの風船が到着したのをきっかけに、兵庫県明石市の鳥羽幼稚園にも毎年ミカンを送っています。

 24日には、配布活動の様子が風物詩としてTV放映もされました。(BS朝日「暦に集う」

一覧へ